新鮮な生海ぶどうを沖縄宮古島から日本全国へ産地直送

通販で海ぶどうをお探しなら

パック入り海ぶどう

皆さんは、海藻類はお好きですか?
広大な海で生まれる海藻類は、収穫されたその土地それぞれの魅力がたっぷりと詰まっています。
中でも、近年全国的に食べられるようになった「海ぶどう」は、沖縄県外の魚介類専門店や海鮮居酒屋などでも人気のメニュー、 付け合わせとなっています。

皆さんの中に、まだ海ぶどうを堪能したことがないという方がいらっしゃいましたら、 ぜひこれを機に食卓へ取り入れてみてはいかがでしょうか。国内の海ぶどうは、沖縄の宮古島以南の暖かい海でしか自生することができず、 海のキャビア(グリーンキャビア)とも呼ばれている人気の高い海藻類です。

そのプチプチとした食感と、海を直接感じることができる磯の香りは、一度食べたら癖になるほどです。
基本的には生で食べるため、サラダ感覚でドレッシングやお酢をかけて食べるのも良いですし、 お酒のおつまみとして刺身感覚で醤油につけて食べるもおすすめです。

また、生春巻きやお寿司の軍艦巻きにしても非常に美味しくいただけます。沖縄のお酒、泡盛との相性はもちろんのこと、 日本酒や焼酎、ビールのお供にも最適です。さっぱりとしたおつまみが好きな方にとてもおすすめですので、ぜひ一度お召し上がりください。

当店では、通販ならではの激安価格にて、宮古島の海ぶどうをご提供いたしております。
業務用は、500グラムからキロ単位でのご注文が可能となっており、送料無料ですので沖縄料理店や寿司屋、 沖縄民謡居酒屋などの飲食店を手がけている方におすすめです。
もちろん、家庭用の海ぶどうとして便利なパック入りもご用意しております。

また、長期での保存が可能な乾燥海ぶどうもございますので、ご家庭の食卓をはじめ、贈りものとしてもご活用ください。 実際に海ぶどうをご堪能いただいたお客様からの、商品に関する口コミ情報もホームページ内に掲載しておりますので、 ご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

海ぶどうについて

海ぶどうとは

生の海ぶどう

海ぶどうとはクビレズタというイワズタ科イワズタ属に属する海藻のことをいい、 1つの房にたくさんの粒々がついているのが特徴です。

宮古島の海では少量ではありますが、天然物の海ぶどうを採ることができます。 ただ、近年の海ぶどう養殖技術の向上により市場に流通している海ぶどうのほとんどが養殖されたものになります。

噛むたびに口の中で海ぶどうの粒々がプチプチとはじけるその食感が人気を呼び、マスコミなどでも取り上げられるようになりました。 今では沖縄土産の定番として人気があるうえ、沖縄料理店などでは欠かすことのできない食材となっています。

海ぶどうの出荷先と出荷方法

当店では担当者が朝一番に養殖場から当日収穫された新鮮な海ぶどうを出荷 し、北海道〜九州の居酒屋、沖縄料理店などたくさんのご飲食店をはじめ個人のお客様にお届けしてます。

通常ですと発送の翌日にはお手元にお届けすることができます。
(一部の地域や繁忙期を除く)

海ぶどうの種類

当店が取り扱っている海ぶどうは収穫方法の違いにより以下の2種類となります。
海藻の品種による種類分けではありませんのでご注意ください。

海ぶどう(茎なし) 茎付き海ぶどう
粒のついた房が一本一本独立している通常の海ぶどうで、すべて手作業で選別しているため収穫にとても時間のかかる商品です。 綺麗に見えるような盛り付けにはコチラの海ぶどうがオススメです。
茎ごと収穫した海ぶどうで、粒のプチプチと同時に茎のシャキシャキとした食感も味わえます。 一房ずつ選別する手間がかからないため茎なしより安くご提供してます。 見た目にあまりこだわらない盛り付けや海ぶどう丼などにオススメです。

海ぶどうの食べ方レシピ

軽く水洗いした後、お好みのドレッシングや酢醤油などをつけてお召し上がりください。 パック入り海ぶどうには専用のタレが付属してます。
直接ドレッシング等をかけますと食感が損なわれますので、お刺身のように口に入れる直前につけるてください。

その他色々な食べ方は海ぶどう料理のレシピにて紹介しております。
==>海ぶどう料理のレシピ

海ぶどうの賞味期間と保存方法

賞味期間 : 商品到着後、約3〜4日間
保存方法 : 直射日光を避け、涼しい場所で常温保存
        15℃〜28℃
        冷蔵庫には絶対に入れないでください。

海ぶどうの豆知識

日本の最西端にある沖縄県は、年間平均気温が20度を下回らない亜熱帯の気候に恵まれています。 その豊かな自然と海の恵みとなるのが、沖縄のお土産で有名な黒糖と海ぶどう・もずく、そして南国フルーツ。 こちらではプチプチと美味しい海ぶどうについてご紹介します。

はじける美味しさクビレズタ

グリーンキャビアとも呼ばれる海ぶどうは、イワズタ科に属する立派な海藻で、 もとはくびれのあるツタとして「クビレヅタ」と呼ばれていました。
サンゴ礁や岩の上をはって成長し、大きいものですと5mにまで育ち、鮮やかなグリーンでつやつやと輝いております。 沖縄の暖かい気候を好みますので、寒い地域ではなかなかお目にかかれないようです。

沖縄ではポン酢や三杯酢をかけて食べるだけでなく、お刺身のつけ合わせや沖縄そばのトッピングとしても古くから愛されてきました。 プチプチとはじける食感にほんのり塩味が効いていて、そのままでも美味しくいただけます。 また歯ごたえのある茎の部分もシャキシャキとしていて、こちらも美味しくいただけます。

健康と美容に

一般的に海藻類には歯や骨の健康に欠かせないカルシウムのほか、不足するとイライラしてしまうマグネシウムなどが 豊富に含まれているといわれています。海ぶどうの魅力は栄養素プラス低カロリーで食物繊維の豊富さです。 沖縄のきれいな海で育ちますので、ビタミンもバランスよく含まれています。
とくに宮古島は栽培数が多く、食用だけでなく観賞用にもされています。
==>海ブドウがもたらす効果
==>海ぶどうにも含まれる「食物繊維」について

当店は宮古島で養殖されている粒がぎっしりと詰まった海ぶどうを販売しています。
朝一番で収穫された生の海ぶどうを、日本全国へ発送していますので、 北海道の皆さまにもお取り寄せで沖縄の海の味を楽しんでいただけます。

取扱商品

海産物

フルーツ・野菜

黒糖・塩・加工品

雑貨各種

↑ PAGE TOP